ハリウッドのトップスター、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演は「バニラ・スカイ」以来9年ぶりということもあり、非常に話題性抜群の映画です。

平凡な女性、キャメロン・ディアス扮するジェーンの人生は、ひょんなことからチャーミングでミステリアスなスパイ、トム・クルーズ演じるロイ・ミラーに出会ったことで一変します。

CIAや謎の男たちを敵に回して逃亡劇を繰り広げるロイは、ジェーンとともにアメリカだけでなくアルプスやオーストリア、スペインなど、ロマンチックでスリリングな愛の逃避行を続けることとなってしまいます。

トム・クルーズは「ミッション:インポッシブル」シリーズでド派手なアクションを繰り広げていますが今作でもそれは健在、スピーディでスリリング、さらにキャメロン・ディアスとの息の合ったコメディ・ラブロマンスといった要素も充分楽しめます。