ロビン・フッドはよく知られた物語のヒーローですが、今作品ではラッセル・クローが演じています。

ストーリーは、”獅子王”リチャード1世率いる十字軍の遠征遠征隊に参加していた弓の名手の男性が民衆のヒーロー、ロビン・フッドへと成長していく過程を史実とフィクションを織り交ぜながら描いています。

ラッセル・クロウはちょっとロビン・フッド役には歳がいき過ぎている感は否めませんが、その印象を打ち消すほどの風格が感じられます。

また、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのタッグはさすが息が合って見応え十分の作品に仕上がっています。