ベルギー出身の漫画家エンジェによる世界中で愛されるベストセラー作品「タンタンの冒険」が映画化されたのは、今回で3回目です。

1作目をスティーヴン・スピルバーグが、2作目をピーター・ジャクソンが、そして今回は二人共同で監督したCGアニメ映画です。

CGアニメも最近はどれもクオリティの高さが素晴らしいのですが、この作品にはビックリ!まったく実写と見分けがつかないようなシーンもあったくらいなのです。

さすがスティーブン・スピルバーグが監督の一人として参加しているだけあって、迫力満点のアクションシーンにはあの名作「インディジョーンズ」を思い出してしまうほど。

CGアニメとはいっても、子供だけでなく大人も充分楽しめるエンターテイメント作品となっています。