ティム・バートン監督とジョニー・デップというとすでに名コンビとしてよく知られていますが、これもお馴染みの二人による作品。

元となったのは誰もが知っている童話「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」で、これらを実写とモーションキャプチャーしました。

ティム・バートンらしい、奇妙でありながら究極のファンタジー・アドベンチャーの世界に引きずりこまれること間違いなしです。

ジョニー・デップの素晴らしさはいつものことながら、白の女王を演じたアン・ハサウェイの美しさには魅了されました。

実は彼女、最初はミア・ワシコウスカの演じたアリス役をオファーされたのですが、「おとぎ話の中のかわいい女の子を演じるのは疲れているから」と断ったそうですよ。